東京モーターショー2007(その2) 新型アウディA4 3.2クワトロの右ハンドル仕様

サイトマップ



最近の記事

Google
 

« 東京モーターショー2007(その1) 日産新型GT-Rの画像・写真など | メイン | 東京モーターショー2007(その3) アウディR8とRS6 »

2007年11 月14日 (水)

東京モーターショー2007(その2) 新型アウディA4 3.2クワトロの右ハンドル仕様

東京モーターショー2007において日産GT-R同様、個人的に注目していたモデルが新型アウディA4 3.2クワトロです。フランクフルトモーターショーの際に紹介した新型A4 1.8T とは違いノンターボの直噴エンジンを搭載するモデルで、現行A4の3.2リッターモデルと大きく違うのは新型アウディA4に搭載される3.2FSIユニットが、日本導入済みのアウディA6 2.8FSIクワトロが搭載する2.8リッターと基本を同じくする新設計のFSIエンジンだということでしょう。

この新型直噴エンジンの特徴としてはアウディバルブリフトシステムと呼ばれる2段階バルブリフト可変機構を採用していることと、摩擦抵抗の低減などによって大幅な燃費向上を実現しているとのことです。私が新型アウディA4を買うとしたら、やはりこの3.2クワトロモデルが本命になるでしょうね。海外での試乗レビューなどでもこの新設計の3.2FSIエンジンはパンチがあり、心地よいサウンドを響かせているとのことで日本での発売を期待している人も多いのではないでしょうか。

と・・・だらだら書いてしまったので、そろそろ新型アウディA4 3.2クワトロの写真など紹介します。今回の写真は前半は一緒に東京モーターショーを見に行ったT氏が撮影した写真になります。撮影の腕もカメラの質も断然T氏の写真のほうが上ですね^^;

アウディ新型A43.2クワトロ画像 フロントマスク

新型アウディA4のフロントマスクです。やはり実物見ても格好いいなぁと思いつつ、至近距離よりもちょっと距離おいて見たほうが絵になる顔だなと感じたのも事実です。細部のクオリティの高さや迫力は現行以上ですが、それよりなにより「デカイ」ってのが第一印象として残りました。

アウディ新型A43.2クワトロ画像 サイドビュー

新型アウディA4のサイドビューです。うーん、格好イイ!この角度から見る新型A4は最高です。両方のドアが空きっぱなしになっていたのでサイドのボディラインをちゃんと確認できてはいませんが、デザイン的にはかなり好みですね。でも・・・やっぱり車体大きい・・・。写真で見ても分かる通り、東京モーターショーのアウディブース、とりわけ新型A4の周りは意外に人が少なかったのでじっくり見ることができました。展示されている中ではR8の人気が断然高かったですね。

アウディ新型A43.2クワトロ画像 リアビュー

現行にしろ、新型にしろアウディA4に関してはワゴンモデルアバントにしか興味が無いので個人的にはどうでもいいのですが、まぁ綺麗にまとまっているかな?といった感じでしょうか。ただ、クオリティというか質感は明らかに現行A4以上ですね。

アウディ新型A43.2クワトロ画像 サイドビュー

新型アウディA4のインテリアです。展示スペースの関係上、ちょっと離れた位置から見ていたので細部までは分かりませんでしたが、インテリアの質感の高さはさすがアウディといった感じでしょうか。この辺に関しては実際に乗りこんで確認してみたいものです。でもどうもこの4本スポークが気に入らないんですよね^^; フランクフルトで展示されていたS-lineパッケージ仕様の3本スポークステアリングのほうが断然格好いいですね。

アウディ新型A43.2クワトロ画像 右ハンドル仕様のレッグスペース

で、日本のA4ファンにとって最大の関心事。新型アウディA4右ハンドル仕様の懸念事項として挙がっていた、トランスミッションのレイアウトに起因する右ハンドル仕様のスペース問題ですが・・・遠目に見た限り問題無さそう?な感じでした。

何はともあれ新型A4アバントの発表が待ち遠しいyokoですが、東京モーターショー会場で実際見てみるとセダンも中々格好良く、全般的な印象もよりスポーティなセダンに、質感もより高くなっていると感じました。新型アウディA4は日本国内においてもBMW3シリーズの有力なライバルになるだろうと思いますね。

関連記事:東京モーターショー2007の開催日・出展車情報など
関連記事:次期アウディS4とアウディRS4
関連記事:ついに正式発表!新型アウディ A4 1.8T
参考記事:東京モーターショー2007 アウディ A4 3.2クアトロ
参考記事:アウディ大阪モーターショー出展車を発表
参考記事:【大阪モーターショー07】アウディ A4 など出展

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a684c8ea970b0120a684cb84970b

Listed below are links to weblogs that reference 東京モーターショー2007(その2) 新型アウディA4 3.2クワトロの右ハンドル仕様:

コメント

taku

A4をTMSで見てきましたが、綺麗にまとまっていてカッコよく見えました。フロントのオーバーハングも大分短くなったような気もしますし。
サイドの面がカッコいいのかなぁ。
BMW好きの友達も、アウディのステアリング嫌いだそうです。
ティグアンも良かったです。これは、価格次第では売れる感じがしました。後席は狭そうでしたが。

yoko

確かにエンジン搭載位置を変えたことで、フロントオーバーハングが短くなったのはデザイン的にもインパクト大きいですよねぇ。今回の新型A4は本当に綺麗にまとまっていると思います。

>BMW好きの友達も、アウディのステアリング嫌いだそうです。
やはりこのステアリング人気ないのですね^^;
同じA4のステアリングでもS-lineのほうは結構好きかな・・・

>ティグアンも良かったです。これは、価格次第では売れる感じがしました。後席は狭そうでしたが。
ティグアンも後ほど記事に書きますが、価格次第で売れるは同意です。ただ、実際に後席に座った印象ですと、狭いとは思いませんでしたね・・・。
ヘッドクリアランスもあり、見た目よりもかなり余裕ありました(参考までに:私の身長は173cmです)

taku

ティグアンの後席は、他人が乗っているのを見ただけなので、全席のシートポジションの関係だったのかなぁ。
楽しみな1台です。

この記事へのコメントは終了しました。