東京モーターショー2007(その7) BMW 新型M3セダン&クーペの画像など

サイトマップ



最近の記事

Google
 

« 東京モーターショー2007(その6) BMW135i 右ハンドル仕様!日本発売か?  | メイン | 東京モーターショー2007(その8) BMWコンセプトX6アクティブハイブリッドと新型X5の画像 »

2007年11 月24日 (土)

東京モーターショー2007(その7) BMW 新型M3セダン&クーペの画像など

東京モーターショー2007の目玉の一つ、BMW新型M3及び世界初公開となるM3セダン画像です。

東京モーターショーBMW新型M3セダン画像(フロントマスク)

M3セダンのデザインそのものは、細部の造形なども含めてとても素晴らしかったのですが、BMWブース自体がご覧の通り人が多すぎ&展示車の車間が無さ過ぎでゆっくり見ることも撮影する事もできませんでした。展示スペースそのものは広いほうなのですが、如何せん展示車両が多いのと空間をうまく使えていない感じでとても見づらかったのが残念でなりません。

東京モーターショーBMW新型M3セダン画像

新型M3クーペの方は発表から時間も経ち、テレビ番組でのインプレッションも出てきているくらいので全体のイメージなどある程度事前に頭の中に入っていましたが、世界初公開のM3セダンの方は久々のM3のセダンモデルということもありじっくり見たかったのですが・・・。写真にもあるようにM3セダンのルーフはクーペモデルに搭載されているカーボン地ブラックのカーボンルーフではなく、高張力鋼板製のボディ同色塗装です。レース用ならともかく、ハイパフォーマンスカーとはいえ「普通に乗る事」が多いであろうM3のようなモデルには軽量で丈夫な高張力鋼板で十分だと思います。

東京モーターショーBMW新型M3セダン「えら」画像

通称「M3のえら」ことフェンダー内の通気口のアップです。クーペ同様M3のシンボルはしっかり作り込まれています。こういうディテールも手を抜かないあたりはさすがですね。それにしても人が多いのなんのって・・・。やはり新型M3の注目度はかなり高いようです。

東京モーターショーBMW新型M3セダン「運転席」画像

M3セダンは日本でのワールドプレミアということもあったので右ハンドル仕様の展示車を期待していましたが、さすがにまだ右ハンドル仕様は無いみたいですね。写真で見た時も思ったのですが、M3のインテリアは全般的に高級路線に走りすぎているように思えますね。今までの歴代M3も運転席周りは結構「普通感」が漂っていましたが、今回は全般的に高級化しているだけにスポーツモデルとしての演出の無さが余計に目立ってしまいます。

東京モーターショーBMW新型M3クーペ画像

こちらはすでに日本でも発売開始されている新型M3クーペです。白いボディに黒のカーボンルーフは似合っていると言えば似合っていますが、車内インテリアとのギャップが激しいですね。でもまぁ・・・全般的には格好いいんですけどね。

関連記事:BMW新型M3にセダンモデル復活
関連記事:東京モーターショー2007の開催日・出展車情報など
関連記事:BMW新型M3の価格と国内メディアのインプレッション
関連記事:BMW M3 E92 インプレッション
関連記事:BMW New M3
参考記事:BMW AG、4000ccV8を搭載した新型M3セダンを発表
参考記事:これぞ羊狼、BMW M3セダンが発表
参考記事:東京モーターショー2007 BMW M3
参考記事:BMW、ニュー BMW M3 セダンを発表

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a684c8ea970b012875869975970c

Listed below are links to weblogs that reference 東京モーターショー2007(その7) BMW 新型M3セダン&クーペの画像など:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。