ルイス・ハミルトン、F1中国グランプリで痛恨のリタイア

サイトマップ



最近の記事

Google
 

« ゴルフⅤのパーツ交換履歴 - 足回り&ブレーキチューニング | メイン | BMW新型M3にセダンモデル復活 »

2007年10 月 7日 (日)

ルイス・ハミルトン、F1中国グランプリで痛恨のリタイア

上海インターナショナル・サーキットで行われているF1第16戦中国グランプリにおいて天才ルーキー、ルイス・ハミルトンがポールポジションからスタートしたものの、スタート時から履いていたインターミディエイトタイヤが限界にきたところでピットロードに入ったところ、曲がりきれずグラベルに突入。マシンが浮き上がってしまい走行不能となり、リタイアとなってしまいました。

F1史上初のルーキーワールドチャンピオン、また黒人ドライバー初のワールドチャンピオンがかかっていただけに非常に残念です。それにしてもマクラーレンのピット作戦には疑問が残りますね。作戦ミスというより、明らかにピットインするタイミングが遅すぎました。一度目のピットストップでドライタイヤに変えなかった判断はその後の天候を考えると微妙なものがありましたが、二回目ピットイン時のピットロード進入時にはすでにリアのタイヤは構造体がむき出しで、まともに走行できない状態になっていましたし・・・。せめて一回目でタイヤを同じインターミディエイトに交換していれば、このような事態にはならなかったでしょうねぇ。先週の富士でのアロンソといい上海でのハミルトンといい、ここにきて今期初のリタイアとは中々ドラマチックな展開ですな。

レースはそのままライコネンが逃げ切り今期五勝目。アロンソが序盤マッサをパスして同じく逃げ切り二位を確保したため、ハミルトンとのポイント差は12から一気に4に縮まりました。レース後の記者会見ではアロンソから「(ハミルトンとの)マシンのパフォーマンスは同じなので・・・」というような微妙な発言も・・・。ロン・デニスだけでなくメルセデス陣営からも批判を受けた事で引き下がったのか、単なる嫌味なのか良く分かりませんね。

何はともあれ最終戦のブラジルグランプリが楽しみになったことだけは確かで、ドライバーにとっては体力的に厳しいと言われる「反時計回り」サーキットでのレースを制するのは誰か、見ごたえのあるチャンピオンシップ争いになってきました。

関連記事:雨の富士でルイス・ハミルトンがチャンピオンシップに王手
参考記事:【F1 第16戦】 中国GP 決勝結果
参考記事:F1中国GP、大波乱でフェラーリ逆転優勝!
参考記事:ルーキーチャンピオン王手のL.ハミルトン「ベストを尽くすよ」

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a684c8ea970b01287586980f970c

Listed below are links to weblogs that reference ルイス・ハミルトン、F1中国グランプリで痛恨のリタイア:

» 雨の中国GPを制したのはキミ from ひとりの独り言
F1サーカス16戦となる中国GP。台風の影響で暴風雨、降水確率90%の中で行われたレース。 危惧されたSCスタートではなかったが、雨が時折降ってくるという厳しい条件下を制したのはキミ。 タイヤの選択、交換時期などのチーム戦略が大きく影響した。 このGPでチャンピオンの座を手にすると思われたPPスタートのハミルトン。 テレビ画面でも後輪がズルズルの状態で無理して周回を重ねる。 ペースダウンしても走り続け、ピットインしようとした時は既に遅くリタイア。 それもピットレーンの入り口という惨状。頭を抱える... [続きを読む]

» 中国GP決勝、ライコネン優勝、アロンソ2位、チャンピオン決定は最終戦へ from Motohiroの本音トーク
ライコネン選手が見事な勝利をあげました。日本GPと同様に雨の中国GP決勝、スタートから快調にハミルトン選手が飛ばしますが、タイアの消耗も速さに比例していたようで、1回目のピットストップ(ハミルトン選手、ライコネン選手ともガスチャージのみ)後は、ライコネン選手がハミルトン選手とのギャップを削り取り、ついにハミルトン選手のちょっとしたミスをついてコース上での追い越し劇! これぞF1の醍醐味ではないでしょうか、戦略も大切ですが速いものが勝つのもいいと思いますが。 さてこれで焦ったわけではないでしょうが、... [続きを読む]

» 中国GP決勝、ライコネンが制しシーズン5勝目 from ちいさな小言、大きな独り言
中国GP決勝。フェラーリのキミ・ライコネンは、1時間37分58秒395を記録しシーズン5勝目を飾った。■決勝結果 1位:キミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)/フェラーリ(Ferrari) - 1時間37分58秒395 2位:フェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)/マクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes) - 1時間38分08秒201 3位:フェリペ・マッサ(Felipe Massa)/フェラーリ(Ferrari) - 1時間38分11秒286 ... [続きを読む]

» F1 中国GP ライコネンが優勝でタイトル争いは最終戦に持ち越し from 蔵前トラック
結果は以下のとおり bfont color=redPos. ドライバー コンストラクターズ Time 1 K・ライコネン フェラーリ 1:37:58.395 2 F・アロンソ マクラーレン + 9.800 3 F・マッサ フェラーリ + 45.800 4 S・ヴェッテル トロロッソ + 53.500 5 J・バトン ホンダ + 1:08.600 6 V・リウッツィ トロロッソ + 1..... [続きを読む]

コメント

この記事へのコメントは終了しました。