VWがティグアンにかける意気込み

サイトマップ



最近の記事

Google
 

« フランクフルト注目のニューモデル速報 ティグアン X6コンセプト GT2 アテンザなど | メイン | 東京モーターショー2007の開催日・出展車情報など »

2007年9 月24日 (月)

VWがティグアンにかける意気込み

フランクフルトモーターショーで正式発表されたフォルクスワーゲンの新型SUV ティグアンですが、今回のティグアンの開発にはフォルクスワーゲンも相当気合が入っているようです。このブログのコメントにも情報があったように、ティグアンはすでに日本国内での目撃情報(覆面しているケースが多いようですが)も複数上がっており、市販に向けた本格的なテストを世界中でやってるんじゃないか・・・などと言われています。

ティグアンの画像

ボディサイズ的にはトゥアレグの弟分となるティグアンはゴルフと同じプラットフォームで設計され、アメリカ市場ではRAV-4CR-V、日産のX-TRAILだけでなくこれらより価格帯が上のBMW X3フリーランダーなどもライバルとして視野に入っていると思われます。人気のセグメントで今後も世界的に需要が伸びそうなこのクラスへの参入にVWもティグアンには相当気合が入っていると思われます。日本でのこの分野のパイオニアはRAV-4やCR-Vということになるのでしょうが、VWは二代目ゴルフの時に「ゴルフ・カントリー」なる乗用車ベースの小型クロカンの先駆けとなるものを作っており、この分野の開拓という意味ではRAV-4などよりも「古株」になるんですね。事実、ティグアンをゴルフ カントリーの再来と考えている人もいるそうです。

ティグアンに搭載されるエンジンは最近のフォルクスワーゲン車全般に見られるように、全車種に燃費とパワーを両立したターボチャージャー付き直噴エンジンとターボチャージャー+スーパーチャージャー付き直噴エンジン、これにEuro-5の排ガス規制をパスしたディーゼルエンジン搭載車もラインナップされるとのこと。ただ、ティグアンの魅力はゴルフシリーズで実証されているこれらのパワーユニットが搭載されることだけでなく、用途や好みによって2種類のボディバリエーションと多彩な装備を選択可能ということが大きいと思います。

ティグアンのリア画像

ティグアンには「トレンド&ファン」「スポーツ&スタイル」「トラック&フィールド」という3種類の装備バージョンが用意され、なかでも注目は「トラック&フィールド」と呼ばれる本格オフローダーモデルをラインナップしていることでしょう。トラック&フィールドのアプローチアングルは他モデルの18度に対してより大きな28度を確保しており、他にもオフロードモードや不整路面走行を安全に制御する走行支援システムが装備されるとのこと。You Tubeなどにもこのティグアン トラック&フィールドの動画がUPされていますが、正直このクラスに「ここまでやるか」という充実ぶり。クロスシリーズで軟派なクロスオーバーモデルを量産していたメーカーとは思えない真面目な仕事ぶり(笑)ですが、逆にこのような真面目な車作りが他の「なんちゃってSUV」と大きな差別化になると思いますね。

また未確認情報ながら注目されるティグアンの装備として、駐車がほぼ全自動になるパークアシストシステムや最大2500kgを牽引することができる新設計のスイベリングトレーラーヒッチ・・・釣師にはたまらない装備が。。。ちなみに最大積載量は1510リッターを確保しているので、ゴルフ ヴァリアントや新型Cクラスワゴンよりも最大積載量は多くなっています。

牽引機構って日本じゃあまり注目されませんが、北米市場などではかなり重要な要素なんですよね。これだったら12FTクラスのアルミボート牽引も楽そうだし、車好きとしてというよりも釣り好きの人間としてティグアンに期待したい部分ではあります。

VW ティグアン、東京モーターショーに出展決定

東京モーターショーでティグアンの実物見れますね。非常に楽しみです。三種類全て出展されるのか気になりますね。

関連記事:東京モーターショー2007(その4) フォルクスワーゲン ティグアン右ハンドル仕様
参考記事:VW Tiguan
参考記事:VW、フランクフルトショーで世界初公開モデル8車種を展示
参考記事:フォルクスワーゲン、新型SUV「ティグアン」の写真を初公開

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a684c8ea970b0120a684cb22970b

Listed below are links to weblogs that reference VWがティグアンにかける意気込み:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。