BMW New M3

サイトマップ



最近の記事

Google
 

« DSGとパドルシフト | メイン | マフラー交換について »

2007年6 月15日 (金)

BMW New M3

E92 New BMW M3 フロント

いつかは乗ってみたいという車が誰にもあるかと思いますが、私の場合ポルシェとBMW M3は生涯一度は所有したいと思っている車の筆頭です。特にBMW M3はクーペならではの不便さはあるものの、リアシート/トランクの広さなどから家族からの理解も得られやすいスポーツカーですよね。

今年のジュネーブショーで発表されたE92ベースの次期 New M3のスペックは概ね予想されていた範囲でしたが、中でも驚きというかさすがだなと思ったのはBMWの前後重量バランスへの執念でしょうか。

今回のE92 New M3は初のV8エンジン仕様となりましたが、その重量は先代(現行?)のE46 M3よりも15キロほど軽量な202キロ程度で、エンジンの性格としては従来通りの高回転型エンジンだそうです。E92 M3のエンジンはウェットサンプなのかドライサンプなのかメディアにより情報がまちまちで分かりませんが、E92でV8エンジン化するにあたり軽量化を相当意識して作られているようです。エキマニなども肉厚を極限まで薄くしているようで、エンジンのベンチテストを写した動画などでは熱の入ったエキマニが綺麗に発色していました(汗)。高回転型エンジンへのこだわりなのか、ホンダのエンジン(どうもS2000を指しているぽい)を意識しているあたり、BMWがE92 New M3に込めている思いを表しているように思えます。

E92 BMW M3 カーボンルーフ

写真にもあるように低重心化を図る為か、先代のE46 M3 CSLさながらのカーボンルーフを標準装備しておりBMW M社のE92 M3にかける気合が伝わってきますね。カーボンルーフの黒は車体の色次第ではバランス的に?な部分もありますが、ボンネットなどの安全性に大きく関わる部位は鉄で作りこみ強度を維持し、一方サスペンション部品やフェンダーなどの一部にアルミやFRPを使い軽量化施策を徹底するなど、車作りの思想はさすがBMWと言った感じです。

E92 New BMW M3 内装

ちなみにE92 New M3に搭載されるであろう、BMW版の2ペダルマニュアルであるSMGの仕様がどうなるのかが気になりますね。現在SMGの進化版であるSMGⅡが現行M3に搭載されていますが、今回のE92 New M3にはこのSMGⅡを更に進化させたモデルが来年以降出てくるみたいです。ただDSGと同じツインクラッチ方式をとっているという話もあり、SMGⅡの正常進化系とは言えないかもしれませんね。VWグループのDSGの完成度が異常に高いこともあり、BMWがどのような2ペダルマニュアルをE92 New M3に実装してくるのか非常に楽しみでもあります。

でも現在の私の経済力ではM3購入は宝くじでも当たらない限り3~4年落ちの中古がやっとですね~^^;

関連記事:東京モーターショー2007(その7) BMW 新型M3セダン&クーペの画像など
補足記事:BMW新型M3の価格と国内メディアのインプレッション
関連記事:BMW M3 E92 インプレッション
関連記事:BMW 1シリーズ クーペ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a0120a684c8ea970b0120a684c9ae970b

Listed below are links to weblogs that reference BMW New M3:

コメント

bmw-e91

訪問ありがとうございました

M3の情報気になりますよね。買えませんが (笑
情報記事のアップを楽しみに、またお邪魔したいと思います

今後ともよろしくお願いします

yoko

bmw-e91さん、いらっしゃいませ^^;

M3は同じく気になりますが、買えません(汗)

お話にあった「BMW M3 Driving Experience ツアー」のような企画は
一度は行ってみたいのですが、今行ったら嫁に何と言われるか・・・

まぁそれ以前に先立つものがありませんが(笑)

これからもよろしくお願いします

この記事へのコメントは終了しました。